スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライオネル・ファイニンガー展

本日は、以前から行きたかった「横須賀美術館」へ行って来ました。
東急東横線とJR横須賀線を乗り継いで「横須賀」へ。

私の家から、1時間40分ほどで横須賀駅へ到着。
目の前には海、そして海上自衛隊と思われる艦船が。

横須賀の港

横須賀の港

横須賀駅から観音崎行のバスで約30分で、目的地の横須賀美術館に到着。
美術館は海に面した素敵な建物(設計は「山本理顕設計工場」)でした。
カメラが広角レンズなら全体を写せて良かったのですが・・・。

横須賀美術館・正面

横須賀美術館・正面

横須賀美術館・館内 横須賀美術館・案内表示
▲館内 ▲分かり易いピクトグラム
横須賀美術館・恋人の聖地 横須賀美術館・屋上の眺望
▲「恋人の聖地」についてはコチラに。 ▲屋上から見えた夕やけ。

この写真では伝わりづらいのですが、屋上広場はかなりの広さ。
とても気持ちの良い空間でしたが、屋外に何も無いのは何故?
横須賀美術館・屋上

横須賀美術館・谷内六郎館
谷内六郎の作品は、左の写真の別館に展示されていましたが、やや展示にリズムを欠いていたのが残念。
展示が二箇所に分かれていたのは何故なのでしょう?

閉館時間までいましたが、ライオネル・ファイニンガー展に時間を費やしすぎて、常設は十分な時間をとって見ることができませんでしたので、是非もう一度行きたいと思いました。
それにしてもキュビスムの絵は何とも不思議な魅力がありますね。
ファイニンガーを見たのは初めてでしたが、油絵や木版画など、表現のバリエーションが豊かでかなり楽しめました。
個人的なおすすめは「ゲルメローダの教会」「ハレの大聖堂」「マンハッタンⅡ」かな?
常設では染色家・中村光哉の作品が目を惹きました。オノサトトシノブの作品が展示されていなかったのは残念でしたが(^^;
横須賀美術館・ファインディンガー展

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 日記 美術館 横須賀美術館

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。