スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ゴールデンスランバー」

ゴールデンスランバー [Blu-ray]

伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を映画化したサスペンス。
【あらすじ】
仙台に暮らすごく平凡な30歳の独身男、青柳雅春。
金田首相が凱旋パレードを行うその日、大学時代の同級生・森田に呼び出された彼は、“お前、オズワルドにされるぞ。とにかく逃げろ”と謎の警告を受ける。
その直後、背後のパレード会場で爆発音がしたかと思うと、なぜか2人の前に警官が現われ、躊躇なく拳銃を向ける。
訳もわからぬまま反射的に逃げ出した青柳だったが・・・。
【キャスト】
堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり 香川照之 濱田岳 渋川清彦 柄本明 伊藤四朗
【監督】
中島義洋(「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」「チーム・バチスタの栄光」)
始めに結論を言ってしまうと、私はこの作品をあまり楽しめませんでした。
以下、特に気になったことをいくつか。

まず、そもそもあの首相の存在が記号的過ぎて、あの暗殺事件からして全然乗っていけません。
事件はJFKの劣化コピーのような話なのですが、そもそも日本の首相のパレードで皆が沿道に出て旗を振って歓声を上げるなんて事があります?ここから既に映画から置いてけぼりをされてしまったのですが、原作では首相公選制によって選ばれたという設定があるらしく、現実よりもずっと大統領的な立場なんですね。
フィクションラインを下げたくなかったのかもしれませんけど、それならば暗殺されてしまうような、何か大変な事をしようとしているみたいな設定だけでも入れてくれれば少しは変わるのでは(パレードは無理ですが)?

次に主人公の逃亡劇の切迫感の無さ。
絶望的に追い詰められていくのに、主人公は変装もせず、ボロボロの滅茶苦茶目立つ車で呑気に市内を走っているのですけど、全然警察に見つかりません。
また元カノ、大学の後輩、会社の先輩、花火屋、元アイドル、父親が主人公を信じて助けようとしてくれます(先輩がさらっと「お前じゃないんだろ」って言うシーン、父親がカメラの前で堂々と「逃げろ」と言うシーンはちょっとジーンとしました)が、彼のことを全く知らない通り魔や配管工(?)が助けてくれるのはどうなのかな?
メディアによって勝手な印象を付けられている彼を犯人と決め付ける世間と、実際に彼と関わった人たちが対立関係になるのは良いんですけどね。

最後に一番納得がいかない点が、途中まで個別に監視まで付けていた元カノ・樋口晴子の監視が中盤から全然無いことです。
彼女に付いていた監視員は彼女を監視中に殺されているのですから、彼女のマークをさらにきつくするか、もしくは事情聴取と称して拘束ぐらいはしそうな気がします。
なので終盤に彼女があんな大掛かりな仕掛けをすることが出来る状況が信じられないんですよね。

キャラクター造形が上手く、ロードムービー的な部分は良いのですけど、逃亡劇の部分で気になる点が多くて楽しめなかったのが残念
最後の伏線回収は気持ち良かったですね
欲を言えば、どこかのお店で「A+」って呟いて欲しかった~w

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画 感想

コメント

No title

麻呂です♪
あらら・・・残念でしたね。
楽しめないと映画って長いので辛いですよね。
最近、DVDも観ていないので何か借りてこようと思うんですが
暑くて借りにいくのも億劫になっちゃっています。( ̄▽ ̄*)/
最近の映画やドラマって配役は同じような感じだし
TVも面白くなくてNEWSぐらいしかつけてないし
もうちょっとどうにかならないのかしら???っていつも思っています。

No title

こんちわー

あらら~、tamaさんの辛口批評だねー
これを読むと逆に見たくなるから不思議だわ。。(笑)
どんだけつまんないんだろう。。ってのを確認したくなるのー

tamaさんはなんでこの映画を観る事にしたのかも気になるなぁ~

No title

ひとつ気になりだすとどんどんいろんなことが気になっちゃうのよねー。
サスペンスは映画より本のほうがマイペースに想像を膨らませていけるので好きかも――。
でも、なんだかこの映画見たくなっちゃった(笑)

麻呂さんへ

返信が遅れてしまってスミマセン(>_<)
最近色々見ているのですが、あんまり好きなものに当たらないんですよね~
本当は劇場で見たいものが沢山あるのですけど時間が・・・
そういえば今クールもドラマ見てないなぁ。。。
本当に何とかならないものですかねぇ?

ワタシさんへ

返信が遅れてしまってスミマセン(>_<)
いえいえ、この作品は私が乗り切れないだけで、
評論家筋の評価は高いみたいなので、きっと面白いと思いますよw
実際評論家の人の評価ポイントもよく分かるんです。
ただ、私は目を瞑れなかったということですかね~

この作品を見たのは、私が伊坂幸太郎作品との相性が悪いせいですね。
本を読んでガッカリしたくなかったので、映画で見ちゃえ!みたいな(^w^)

そらうみまま さんへ

返信が遅れてしまってスミマセン(>_<)
そこなんですよ、、、作品内リアリティって言うんですかねぇ~
細かい所が気になって気になって仕方ないんです。
本だと違うのかな?
流石に読む気にはなれませんが(^-^)

No title

ショーンです
荒唐無稽なストーリーにリアリティを与えられるか
どうかが勝負ですよね
監督と脚本家の力量が問われます
この映画は知らなかったけど、tamaさん的には
残念な映画だったんだ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。