スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾辻行人「Another」

今年の本屋大賞のノミネート作品が発表されましたね♪
夏川草介「神様のカルテ」、三浦しをん「神去なあなあ日常」、有川浩「植物図鑑」は読みましたけど、残りで読むとしたら、東野圭吾「新参者」と冲方丁「天地明察」ぐらいかなjumee☆faceA216L

そんなわけで先日から久々に読書熱が高くなってきたので、今日は本を一冊読み終えてしまいました。
折角なので少し感想を。。。

読了したのは『館』シリーズでお馴染みの綾辻行人のミステリーホラー、 「Another」(角川書店)
綾辻行人「Another」(角川書店)

―あらすじ―
1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた。この“世界”ではいったい、何が起こっているのか?秘密を探るべく動きはじめた恒一を、さらなる謎と恐怖が待ち受ける・・・。


今回はかなりネタバレを含む内容で書くので、読まれるご予定の方は読まないでください。
ただ、先に結論を言ってしまうと、Amazonのレビューなどでは高評価なようなのですが、個人的にはあまりお薦めはできないかなぁ困り顔
以下、ネタバレを含みます。


私がこの作品で一番気になるのは、問題が根本的には全然解決していないこと。
この作品は、簡単に言うと、何十年も続くある「現象」を止めるために主人公たちが奔走するという話なんですが、最終的に主人公達の危険は回避されるものの、根本的には何も解決していないのです。
これでは来年にまた主人公たち以外にこの「現象」がふりかかる事になるわけで、それはどうなのかと・・・。
普通の年ならともかく、“5月にクラスメイトが増える”という初めての事態で、しかもクラスにはとんでもない特殊能力(能力自体は途中で察しがつきます)を持つ子もいるなど、かなり普通じゃない年なのにも拘らず、最終的には昔の当事者が残してくれたメッセージをなぞるだけの解決方法って・・・。
解決方法自体は設定が判明した時点で察しはついていたので、それをどのようにして見つけるのかを楽しみにして読んでいたのですけど、それなのに論理的な推理なんかは一切なく、上述した特殊能力で判明っていうのも・・・。
読み始めた時からスティーブン・キングの「IT」に似ている(主人公はキングのファン)と思っていましたが、明確な攻撃対象を設定できないために、こんな中途半端な解決方法になってしまったのでしょうか・・・。
そもそも、この「現象」の設定は都合が良すぎて、色々説明はしていても全然納得が出来ない!
しかも設定の説明(後の方になるともはや無茶な設定の言い訳?)がとにかく長い・・・。
だからこんな厚さになったのかなションボリ
クラス内だけの秘密とか、記憶の操作とかの設定は不要だったのではないですかね。
綾辻行人「Another」(角川書店)
▲680ページの大ボリュームうあっ

もう一点、物語で降りかかる災厄のことを当事者達は「呪い」ではなく「現象」だと話しています。
でも「現象」という無機質な呼び方にしては、中盤からかなり直接的な脅威が眼前に現れて・・・。
最終盤に至ってはもう完全な暴力の行使者が現れていますしね。
この設定ならば、それこそ学校に登校するたびにクラスメイトが減っていく形の方が、目に見えない脅威の不気味さが強調されると思うのですが・・・jumee☆faceA216L

色々と文句を言いましたが、文章自体は読みやすくて、物語の推進力も終盤まで持続しているので、読み出すと止まらないだけの魅力があります(私も読み終わるまでは面白かった)。
結末に納得できるのならば、おススメなのかな?

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 感想

コメント

No title

私もミステリーが好きで
綾辻行人さんに一時期はまって館シリーズ、読んだわぁー。
十角館 とか 時計館 とかあったような。。。
そうそう、綾辻行人の無付け親って言われてる島田荘司さんは空海地方出身なんだって、この間知った(笑)
いやぁ。。久しぶりに読んでみたいなぁー。。。
私もねー熱はある様な気はするの(笑)
熱はあるんだけど、読めないんだなぁーこれが(><)
ミレニアム1の上下、もう一ヶ月位になるのに買っただけで開けても無いわ(><)

そらうみまま さんへ

こんばんは。
私も館シリーズ大好きです。
特に「時計館の殺人」は傑作ですね~♪
島田荘司さんが綾辻さんの名付け親なんですか!
だから島田潔なんて安易な主人公の名前にしちゃったんですね(^^)
私もミレニアムは気になっているのですけど、まだ手を伸ばしていません。
本が溜まる一方で困っちゃいますね(-_-;)

No title

麻呂です♪
読んだ後、スッキリしないのはちょっと嫌ですが
ホラーや推理小説大好きです。
最近は、書店に行かないので進めていただけると
嬉しいです。
「館シリーズ」も読んでないので読んでみます。
また、いろんな本を紹介して下さいね。
楽しみにしています。

No title

こんちわー☆

最近本全然読んでないなぁ。。
読書って読む時は結構集中して読むんですが
熱が出ないとねーー(笑)

ココ数年、その熱が出ない。。

こんばんは~
最近、本を読んでないなぁ…
ミステリーやサスペンスは好きですけど
DVD派なので、本屋さんにもなかなか行かないんです
犬の本は一生懸命見るんですけどね(笑)
tamaさんは、趣味が多くていいですね
見習わないと~

No title

ショーンです

わぁ、綾辻行人の新作ですね
大好きな作家のひとりです
ネタバレがあるようなので、tamaさんの
書評を読むのはやめておきますね
しかし、最近、本を読んでないな

麻呂さんへ

こんばんは。
私の読む本はかなり偏っていますからご参考になるかどうか・・・。
でも「館シリーズ」は、時計館までなら一読の価値アリだと思います(^^)

ワタシさんへ

こんばんは。
そうですよね。
読みたいって気持ちが高まってこないと小説は読まないですよね。
私は新書とかを定期的に読んで、たまに長編小説を読む感じです(短編は苦手)。

アンディまま さんへ

こんばんは。
私は逆にあまりDVDとかは見ないですね。
見たい気持ちはあるのですけど、長時間画面の前にいるのが苦手なので(^_^)
おすすめのDVD作品とか教えてくださいね♪

ショーンさんへ

こんばんは。
綾辻さんの作品お読みになるのですね♪
個人的にはもう一つな感じだったのですけど、
是非感想を教えていただきたいですね~(*^o^*)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Another/綾辻行人

『野生時代』に連載されたホラーテイストのミステリ。単行本化された昨年は、文春ベストで4位に選ばれました。 今回は気持ちネタバレ(なる...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。