スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感心はするけど・・・な「センコロール」

久しぶりに『水曜どうでしょう』以外のDVDを買ってしまいましたjumee☆faceA216L

それがコチラの宇木敦哉『センコロール』(完全生産限定版)です。
センコロール

この作品は動画革命東京の支援により、宇木敦哉監督が脚本だけでなく、ビジュアル面をほぼ一人で作り上げたという驚愕の情報を得てしまったのでつい買ってしまいました・・・こういう作家性が前に出てきている作品にはつい手が伸びてしまうんですよねかおまる
ちなみに↓は2006年に公開されたパイロット版です。

▲完成版より絵のクオリティが高いです。。。

30分の短編アニメーションなので、ストーリーや設定の説明不足は仕方ないのですけど、そもそもこの作品は短編アニメとして描くべき作品ではない気が・・・。
かなり中途半端な始まり方と終わり方なので、テレビ放送の第2話的な印象。
個人製作のセルアニメーションとしては動きが秀逸なのは確かですが、それはセンコをはじめとするクリーチャー限定の話で、人の動きがイマイチなのは残念。
動きが一番のウリにしているようで、キャラクター以外の背景はかなり記号化され、メインキャラクター4人と3匹(?)以外には背景で動くエキストラ的な人たちも出てきません(窓からのぞく子供ぐらい?)。
なので、描かれている世界が非常に作り物めいてしまっているんですよね。
そして私が一番解せないのは、監督自身が続編に色気を見せていること。
ということは、そもそも短編作品として完結させる気自体がないということ?
それは、この作品を手にとって買った(劇場で見た)人に対して、非常に不誠実な制作態度だと感じますね。
だから見終わった後に何にも残るものがないのかな・・・。。。
結論としては一人で作ったというフィルターを外せば、それほど質の良い作品ではないと思います。
驚愕のメイキングが一番面白かったかもjumee☆faceA216L


おそらくこの作品と一番比較されるのは、セルアニメーションではありませんが、同じくほぼ一人で作り上げた新海誠監督の『 ほしのこえ』でしょうね。
私も昔、CGの勉強をしていた時にこの作品を観て衝撃を受けたことを覚えています。

ほしのこえ(サービスプライス版) [DVD]



『ほしのこえ』と『センコロール』の違いは、やっぱり短編の中で描くべきことをきっちり絞って描けているかだと思うんですよね。
『センコロール』も動きを見せることに注力したいなら、ユキの絡ませ方をもっと単純化した方が良い気がします。
そうすれば時間に余裕が出来て、描写時間のバランスがとても悪い点も解決できるのではないですかねぇ。。。
ちなみに『ほしのこえ』は脚本やその空気感、それを支えるあまりに美しい背景(人物造形はイマイチ)という点で、他の商用アニメーションを上回っていることも大きいですね。
『センコロール』には一人で作ったメリットが殆んど感じられないことも残念で。。。

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

タグ : 日記 映画

コメント

No title

こんにちわー☆
相変わらずtamaさんの知識の広さに感心させられます☆
ワタシはアニメをこんなふうに見た事がなかったのですが、
こういうのを知ってアニメを見るとまた違う印象を持つのでしょうねー。

ワタシさんへ

こんばんは。
私もそんなに見るわけではないのですけど、
作家性みたいなものを前に出されるとツイツイ。。。
どんなものでも制作過程を知っていると見方が変わってきますね(^^)

No title

ショーンです

センコロールもほしのこえも初めて知りました
どちらも一人で創りあげているのですね
tamaさんのコメントを読みながら、動画を同時
視聴しました
不思議な世界観です
ぽち☆

No title

こんばんは~♪
悪魔の衣装、可愛いですね!
赤・黒ではっきりしていて、オシャレですね~。
人がいなかったんですね・・・。
もし見かけたら、すぐ声をかけるのにな~(笑)
tamaさんは、アニメも見るんですね!
趣味が広くて、びっくりです★
tamaさんの一番好きなものって、何ですか?

ショーンさんへ

こんばんは。
個人制作の作品は、ある程度野心的な世界観が必要だと思いますね。
『ほしのこえ』は圧倒的な時差さえ生んでしまう究極の遠距離恋愛という設定を考えついた事がすごいと思います。
ぽち☆っと、ありがとうございました~(〃^∇^)ノ

アンディまま さんへ

こんばんは。
本当に全然人がいなかったんですよね(^^;)
完全な独り相撲状態でした・・・。
アニメは何でも見るわけではなくて、やっぱり作家性ですね。
『ボルト』とか『サマーウォーズ』は観たかったかも?
一番好きなものってアニメ作品の中でという意味なのか、もしくは趣味全般って意味なのかな?
アニメなら私は『耳をすませば』かなぁ・・・劇場で5回も観てしまったので(≧m≦)
趣味なら、何だろう・・・読書も音楽も好きですし、映画や舞台、展覧会も見に行くし、スポーツは観戦もプレイもするし・・・そういえば釣りにも傾倒した時期がありました。
なので一つに絞ることは出来ないかもしれませんね。
ちなみに近々、ゴルフを始めようかと計画しています(*^-^)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。