スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横山大観展

明日で終わる『横山大観展』を見るために、国立新美術館に行って来ました。

横山大観展

明日が最終日ということもあり、かなりの混雑でした。やはり年齢層は高めでしたね。
作品では、当たり前ですが『生々流転』がすばらしかったです。ただ巻物なので全体像が目に入ってこないため、見た瞬間のインパクトはあまりないですね。個人的には『曳船』が良かったです。全体の構成が素晴らしい!

蛇足ですが『生々流転』の展示スペースでは、係員からこんな注意が。
「前の人と間を空けますと割り込まれ、トラブルの原因になりますので、前の人とは間隔を詰めて下さい。」
仮にもお客に向かって、割り込むこと前提に言うのはどうかと(確かに割り込まれたけど)。そんな注意をするぐらいなら一列分のロープでも張ればよかったのでは?

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。