スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】消滅島RPGマーダー

柄刀一さんの人気シリーズの最新作
消滅島RPGマーダー - 長編痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく! )
が読みおわりました!

<strong>消滅島RPGマーダー</strong>―長編痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく! (844))

このシリーズは主人公・天地龍之介の蘊蓄が見所の一つで、雑学とミステリーの両方が好きな私にはたまらないのですが、長編の出来が毎回イマイチなのが残念で仕方がないです。
今回の最大の謎は、節目節目で描かれるゲームプレイヤーのような男女の会話と、それに対応するように龍之介たちの前で起こる不可思議な出来事の関係性であろうと思います。
しかし、この謎が登場人物の一人があるモノを持ち出した時に大体読めてしまうのです。
確かに消滅島の謎や実際の殺人事件の謎もありますが、文章として一番不思議なことが、かなり早い段階で分かってしまうのはやはり問題かと。
それから、巻頭に島の地図を載せていないのも、読者に対する配慮を欠いている気がして残念です。
次回作は期待してます!


ちなみに天才・竜之介シリーズで一番のおススメは、
殺意は砂糖の右側に―痛快本格推理 祥伝社文庫―天才・龍之介がゆく!
殺意は砂糖の右側に―痛快本格推理 祥伝社文庫―天才・龍之介がゆく!

長編では、
十字架クロスワードの殺人―天才・龍之介がゆく! (祥伝社文庫)
4396333072
このシリーズはキャラクターが多く、ストーリーにも時系列があるので一作目から読むことをおススメします。

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。