スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館戦争

図書館戦争

超法規的にメディアに対する検閲が行われている現代を舞台に、検閲を行う良化機関と表現の自由を守る最後の砦図書館の抗争を描いた作品。

舞台設定は複雑でかなり特殊ですが、内容自体は実にベタなラブコメ!

図書隊(図書館を守る自衛隊)の新人女性隊員が主人公で、彼女の成長と教官との絡みがメインなのですが、もうこれが『スチュワーデス物語』か『アタックNo.1』か!と言いたくなるぐらいのベタな展開。
ハードカバー作品でよくこれだけベタベタな話が書けるものだと思っていたら、作者の有川浩はライトノベル出身との情報を得て、納得しました(女性なのには驚き!)。

設定が設定なので展開に無理な点もありますが、テンポよく読める作品なのでおススメ。
メディア規制についても考えさせられるかも?

4月から“ノイタミナ”の枠でアニメが放送されるので、それまでに全4巻を読んでおきたいところです。

テーマ : 感想 - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。