スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芦辺拓『裁判員法廷』

以前に書いた『彼女らは雪の迷宮に』に続いて、芦辺拓さんの森江春策シリーズ『裁判員法廷』を読了!
裁判員法廷

題名から分かるとおり、この作品のテーマはいよいよ始まる「裁判員制度」。
読者は3つの異なる事件を一人の裁判員として見ることになるのですが、何故か主観的な視点ではなく第三者的な視点で描写されていきます。
「自白」以外の事件の真相はさほど面白くありませんが、注目は判決を下す裁判員たちの評議の部分。
特に「評議」の時は、『12人の優しい日本人』や『十二人の怒れる男』のような丁々発止のやりとりを期待していたのですが、あまりに文章のテンポが悪い。
描写を削って発言をテンポ良くつなげるべきだった気がします。

裁判員制度のシミュレーションとしては良いかもしれませんが、一つの読み物としては・・・・・。

12人の優しい日本人 [DVD]
塩見三省, 豊川悦司, 中原俊
B00005HNT4
  十二人の怒れる男 [DVD]
ヘンリー・フォンダ, リー・J・コッブ, マーティン・バルサム, シドニー・ルメット
B000IU38UG

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ 人気ブログランキングへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 感想

コメント

No title

こんばんは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

裁判員法廷 芦辺拓

有罪、それとも無罪。被告人の運命は、あなたたち六人に委ねられた。 二転三転する評議、炸裂する究極のどんでん返し。傑作リーガルサスペン...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。