スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お菓子は脇役?『アイスクリン強し』

題名と装丁に惹かれて衝動買いした、『しゃばけ』などの作者・畠中恵さんが描く、明治の東京を舞台にした騒動記『アイスクリン強し』を読了したので、感想を。
畠中恵『アイスクリン強し』

明治20年頃の築地周辺を主な舞台に、元士族で西洋洋菓子店「風琴屋」を営む皆川真次郎(通称:ミナ)、ミナの幼馴染である長瀬を中心にした元士族の巡査連中(通称:若様組)、そしてこちらもミナの幼馴染で小泉商会の一人娘・沙羅たちを中心に巻き起こる騒動が、明治という時代の人々の生活や文化を背景に生き生きと描かれています。
菓子職人に警察官、そしてお金持ちのお嬢様と漫画のような設定ではありますが、静かに忍び寄る戦争の気配や検閲の影、貧民窟にコレラの流行と、内容にはなかなかシリアスな側面も。

表題作「アイスクリン強し」を筆頭に、「チョコレイト甘し」「シユウクリーム危うし」「ゼリケーキ儚し」「ワッフルス熱し」と西洋菓子の名前をとった題名が並びますが、お菓子が内容の中心に来るわけではなく、ちょっとしたスパイス程度の要素でしかなかったのはすごく残念。
帯に書かれていた文章から、『美味しんぼ』的な要素を想像していただけにガッカリしました。
江戸時代から急速に変質していく社会を描く際の中心として、元士族で外国人に育てられた西洋菓子職人というキャラクターを作ったのだと思うのですが、折角の菓子職人の部分が生かされていない気がします。
設定が魅力的なだけに、本当にもったいない・・・泣く

この本を読んだからというわけではありませんが、帰り道の『ビアード・パパ』で期間限定の「ショコラシュー」を購入しました~きゃー
ショコラシュー
美味しかったのですが、やっぱりシューはカスタードクリームが一番かな?

↓よろしかったら click お願いします。↓
にほんブログ村 本ブログへ 人気ブログランキングへ

テーマ : 感想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 読書 感想

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。