スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前2作を超える読み応え!『双頭の悪魔』

有栖川有栖さんの『学生アリス』シリーズの第三弾『双頭の悪魔』を読了したので、感想を。

双頭の悪魔 (創元推理文庫)
あらすじ
外の世界から隔絶され、芸術家たちが共同生活を送る「木更村」に入ったまま戻ってこないマリア。
彼女の安否の確認および救出を依頼されたお馴染み英都大学推理小説研究会の面々。
村に着きマリアへの面会を拒否された面々は、豪雨の夜に潜入を試みる
結果、江神のみマリアへの接触に成功し村人たちとの誤解が解けた矢先、木更村と隣の夏森村とをつなぐ橋が濁流により流されてしまう。
木更村の江神とマリア、夏森村のアリスとモチ&ノブナガに分かれた面々は、時を同じくしてそれぞれが殺人事件に巻き込まれることに・・・。

今作で二手に別れはしたものの、推理小説研究会の面々が事件現場に勢揃いします。
前二作で確立したキャラクターたちの丁々発止のやりとりは、推理パートとは別に大きな魅力がありますね。
そのためか前二作より圧倒的にボリュームがあるのに、とても読みやすくてすぐに読み終わりましたきゃー

このシリーズの特徴である犯人当てが今作は3回あるのですが、私は今回も犯人当てに失敗・・・冷汗1
解決パートを読むとそのロジカルさに感心しきりです。
江神が一人で推理を組み立てるのに対して、アリスたちは互いに見当違いの推理も含めて全てを俎上にのせて議論の末に結論を導き出す姿が印象的。

ちなみに、個人的には真相に対して動機が少し弱い感じがしました。


月光ゲーム』、『孤島パズル』、そして『双頭の悪魔』が読み終わったので、ようやく目標であった『女王国の城』が読めます! 楽しみ、楽しみ(^^

↓よろしかったら click お願いします。↓
にほんブログ村 本ブログへ 人気ブログランキングへ

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 読書 感想 有栖川有栖 『学生アリス』シリーズ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。