スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長編の後では物足りない?『ガリレオの苦悩』

長編『聖女の救済』と同時に刊行された東野圭吾さんのガリレオ・シリーズ短編集『ガリレオの苦悩』を読了。

ガリレオの苦悩

5つの短編のうち、「落下る」「操縦る」は『容疑者Xの献身』の映画公開時に放映されたドラマで扱われていたので、読むまでもないかと思ったのですが、ドラマと原作では大違いでした!
ドラマ版との大きな違いは人物の相関関係にあるのですが、この原作でよくあそこまでつまらないドラマに仕立て上げたものだと、逆に感心させられました。
ドラマでは湯川の恩師だったという友永幸正の設定を変えてしまったことで、作品の空気感が変わってしまっていましたね。
ちなみに、普通の爆弾で犯行を行うという選択肢はなかったのでしょうか・・・?

「密室る」では不可思議な密室トリックを解明(ちょっと想像つかない方法でしたね)し、「指標す」ではダウジングで証拠を発見した少女の謎を解きます。

最後の収録作品「攪乱す」には、湯川に敵愾心を燃やす犯人“悪魔の手”が登場。
ラストは呆気なかったのですが、収録作品の中では一番面白かったです。

長編作品『容疑者Xの献身』『聖女の救済』に比べると物足りなさは否めませんが、長編では使われないガリレオ本来の科学的なトリックの解明はやはり面白いですね(笑)

テーマ : 感想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 読書 感想 ガリレオ 東野圭吾

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。