スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 マイケル・クライトン

11月4日、ロサンゼルスで『ジュラシック・パーク』などの原作者として有名なマイケル・クライトン氏がこの世を去りました。享年66歳。
ご冥福をお祈りいたします。

前述の『ジュラシック・パーク』をはじめ、『アンドロメダ病原体』、『スフィア(映画版は微妙ですが小説は◎)』、『タイムライン』、『北人伝説』など、科学的で知的意欲を刺激する素晴らしい作品を残されていますが、個人的に一番印象深かったのは、『エアフレーム -機体-』でしょうか。

エアフレーム―機体〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
Michael Crichton 酒井 昭伸
4150409625

真相はかなり微妙なのですが、当時(1996)の私には「飛行機事故」の調査をサスペンスタッチで描くことがとても新鮮でした。
発売当時、ハードカバーの帯に映画化決定の文字があったのですが、どうなったのかな?

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 読書

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。