スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸黄門

少し前の話ですが、TBSの時代劇『水戸黄門』が視聴率を初めて一桁台に落としたそうです。

「日刊スポーツ」より
20日放送のTBS系時代劇「水戸黄門」(月曜午後8時)の平均視聴率が9・7%(関東地区、関西は10・2%)で、69年のスタート以来、初の1ケタだったことが21日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最低は06年8月の10・6%。同局は「テレビ東京系時代劇『主水之助七番勝負』(月曜午後7時)の初回2時間スペシャルと時間が重なり、時代劇ファンが分散したのではないか」と分析。「主水之助七番勝負」は7・9%(関西5・0)だった。

私は無類の時代劇好きなのですが、最近の『水戸黄門』は見てませんね。
元々はDVD-BOXを買うほど好きだったのですが・・・

photo
水戸黄門 第一部 シリーズ BOX
東野英治郎, 杉良太郎, 横内正, 中谷一郎
日本ソフトサービス 2003-12-15

もともと画がきれいな作品ではありませんでしたが、カメラが変わった最近の画はライティングも含めて現代劇のようで酷すぎて、とても鑑賞に堪えられるものではありません。
さらに言うと配役に関しても感心できませんね。

私が好きだったのは、やはり東野英治郎さんがご老公を演じていた第1~13部までですね。
西村晃さんのご老公も悪くなかったのですが、ちょっと艶がありすぎたかな?
石坂浩二さんは論外として、佐野浅夫さんは好々爺すぎましたし、里見浩太郎さんのご老公は聖人君子すぎる!
私にとってのご老公像は、年がいもなくヤンチャな愛すべきお爺ちゃんって感じなんですね。
助さんや八兵衛とヤンチャをして女性陣にたしなめる図が好きだったなぁ。
その他の配役では、佐々木助三郎は里見浩太郎さんが、渥美格之進は大和田伸也さんが良かったですね。
風車の弥七の中谷一郎さん、うっかり八兵衛の高橋元太郎さんは完璧な配役!
そう考えるとベストな配役の期間は第9~13部の間になるので、改めて考えると私にとってのベストな時期は以外に短いですね。
そこまでDVD-BOX化してほしいものですが、どうでしょう。

ちなみに私が一番好きな時代劇はズバリ、『大岡越前』!
描写や言葉が暴力的でないところと、個人ではなく南町奉行所全体で解決していくところが好きです。
個人的には、大岡忠相の父・大岡忠高を片岡千惠藏さんが演じた第1~6部までがおすすめです。

photo
大岡越前 第一部
加藤剛;竹脇無我;片岡千惠藏
竹書房 2006-03-24

テーマ : ドラマ感想 - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : 時代劇

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。