スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のドッグフード

最近ニュースでは「事故米(汚染米)」と呼ばれる非食用米が酒造メーカーや製菓メイカーなどに流通していたことが問題になっていますが、ふと気になったのが、果たしてドッグフードは大丈夫なの?ということ。
規制が設けられている人間の食品にさえ使われているケースがあるということは・・・

よく知られている事ですが、日本には愛玩動物の食品に関する法律が存在せず、「飼料安全法 」にも愛玩動物は対象に含まれていません。
ペットフード業界が「ペットフード公正取引協議会」を設けて自主規制を行ってはいますが、あくまで業界団体がやっていることなので、どこまで信用してよいものやら。
米国のAAFCO(Association of American Feed Control Officials)などとは違いますからね。
因みに私は国内メーカーの商品がイマイチ信頼できないので買ったことがありません。

そんな状態の日本ですが、今年の6月に罰則規定が設けられている「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」が成立し、2009年6月の施行されることになっています。
現在、法律に必要な事項に関して意見の募集がされているようですので、ご興味のある方は見てみてください。
ところで何故、環境省が関係しているのですかね?

業界団体が法律案の成立に深く関わっているため、有効性に関して心配の声が上がっていますが、果たしてどうなるでしょうか?
法律が機能不全に陥るようだと、APNA(Alternative Pet Nutrition Association)などの活動が広まるかもしれませんね。

愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律施行令(案)の概要

1 愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律について
本年6月、愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(平成20年法律第 83号。以下「法」という。)が成立した。法は、愛がん動物用飼料の安全性の 確保を図ることを目的として、以下の内容を規定している。

  • 農林水産大臣及び環境大臣は、愛がん動物用飼料の製造の方法の基準等を定め ることができることとし(第5条)、このとき、何人も、これに合わない愛がん動 物用飼料の製造、販売及び輸入をしてはならないこととする(第6条)。
  • 農林水産大臣及び環境大臣は、製造業者等に対し、有害な物質を含む愛がん動 物用飼料等の製造、輸入及び販売を禁止することができることとする(第7条)。
  • これらの愛がん動物用飼料が流通した場合には、農林水産大臣及び環境大臣は、 製造業者等に対し、廃棄・回収等を命ずることができることとする(第8条)。
  • 基準等が定められた愛がん動物用飼料の製造業者等は、農林水産大臣等への届 出や帳簿の備付け等をしなければならないこととする(第9条、第10条)。

2 政令に定める内容
法では、愛がん動物について政令で定めることとしているほか(第2条第1 項)、輸出用の愛がん動物用飼料について、法の規定の一部の適用を除外し、 その他必要な特例を定めることができることとしている(第15条)。
これらに ついて、愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律施行令で定めることと する。

(1)愛がん動物の指定(第1条)
法第2条第1項に基づき、愛がん動物として犬及び猫を定める。
(2)輸出用愛がん動物用飼料に係る適用除外(第2条)
法第15条に基づき、輸出用の愛がん動物用飼料について、法第6条の 規定(基準又は規格に合わない愛がん動物用飼料の製造、販売又は輸入 の禁止)の適用をしないこととする。

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

タグ : ドッグフード 法律 事故米

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。