スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤若冲 アナザーワールド

今日は半分仕事でレセプションの招待状が来ていた千葉市美術館の伊藤若冲展の初日に行ってきました

千葉方面にあまり来たことがなかったのですが、意外に遠いですねぇ
約一時間かかってJR千葉駅に到着!
千葉駅前

さらに歩いて15分程で千葉市中央区役所に。
千葉市美術館
▲旧川崎銀行千葉支店を包むようにして建っています。

中央区役所の7・8階が美術館。
伊藤若冲展

彩色画ではなく水墨画が中心の展示のためか、若冲の割には空いていた印象。
でも同時代の水墨画も展示されていて、より若冲の絵画的に対象物を捉えるセンスや表現の幅がよく分かりますね。
水墨画でありながら、時にモダンに感じる素晴らしい作品の数々を堪能できるので、おすすめ!
でも「江戸みやげ」の浮世絵展示の、あの額装はどうなのかなぁ

いただいた会社用の図録と自分用に買った図録。
伊藤若冲展 図録
さすがに重かったー


今月はこれが初めてでしたが、先月は色々と見てきました。 特に府中市美術館の歌川国芳展(終了)とフランク・ブラングィン展(国立西洋美術館)は良かったですね
国芳展(府中市美術館)
▲図録が増刷分も売れてしまったそうです!

開催中のブラングィン展。
100号クラスの絵が見ごたえ十分!エッチングや漆原木虫との合作はもうひとつかな?
今月いっぱいまで開催されているので、機会があれば是非!
フランク・ブラングィン(国立西洋美術館)

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 美術館

「ルノワール―伝統と革新」(国立新美術館)

今日は仕事が大忙しだったのですが、夕方近くになっていきなり社長から「内覧会へ行って!」とのお達しがうぁ

というわけで行ってまいりました、国立新美術館の「ルノワール―伝統と革新」の内覧会jumee☆faceA216L
国立新美術館

正直、最近は少し変わってきたものの、まだまだ油彩は得意ではないだけに、あまり期待していなかったのですが、いや~やっぱりルノワールは違うものですねきゃー
前半はかなり真面目に見たので(後半はやっぱり食傷気味に・・・)、帰りはかなり暗くなっていました。
国立新美術館


ちなみにこちらが図録。
これはお金が掛かっていますね~内容もいいけど紙がすごく良いです♪
「ルノワール―伝統と革新」図録

人物画の質感や量感は流石としか言いようがないのですけど、
「ルノワール―伝統と革新」図録

何より驚いたのが、初めて見たルノワールの風景画の奥行きと立体感うあっ
図録では全然分からないのですけど、実際に見ると本当に驚かされました。
「ルノワール―伝統と革新」図録

後半は食傷気味でしたけど、前半(特に風景画)は一見の価値ありですね。。。

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 美術館

杉浦非水の眼と手(宇都宮美術館)

本日、私は宇都宮に行ってまいりましたjumee☆faceA216L
というのも、以前にもあった社長の「行ってきなさい」という暗黙のプレッシャーがかかっていた展覧会の最終日だったのですうぁ
そんなわけで、一念発起して最終日に行って来ました!

車で行こうかとも思いましたが睡眠不足だったので、上野駅からJR東北線で宇都宮へ。
上野駅

約2時間後、宇都宮に到着。
宇都宮駅

さらにバスで30分かけて宇都宮美術館にようやく着きました汗;

美術館の前はとっても広い広場。
子供たちやわんこが楽しそうに走り回っていました~はにゃーんうちの子も連れてきてあげたいです♪
広大な敷地

広場にあったバリー・フラナガンの「ホスピタリティ」。
何かに似ていると思ったら、麻呂犬写真館さんのモカちゃんの走っているお姿でした!
う~ん、そっくりきゃー
バリー・フラナガン 「ホスピタリティ」

その視線の先には美術館が。
視線の先に

そしてこちらが宇都宮美術館♪
宇都宮美術館

私が見に来た展覧会、「杉浦非水の眼と手」。
杉浦非水の眼と手

入口からも見える中庭にはクレス・オルテンバーグの「中味に支えられたチューブ」が置かれています。
クレス・オルテンバーグ「中味に支えられたチューブ」

開放的で綺麗なエントランス。
ただ、今までにないくらい中は暑かったですうあっ
エントランス

3時間後、非水展と収蔵作品展を見て帰途に。
ちなみに帰りのバスは帝京大学でセンター試験終わりにぶつかってしまい大混雑でした!


毎度恒例、ちなみにコチラが図録。
正直、この図録はかなりで気がいいです!
図録

実はこの展覧会、私自身は無関係なのですが、私の職場は少し関係していて、special thanks的な所に私のよく知っている方々のお名前が♪ 図録_開き

ちょっと感想を言うと、杉浦非水は三越のポスターや装丁などで知られている方で、やっぱり画家というよりは商業デザイナー的な色彩の強い方ですね。
その画面構成はとても計算の行き届いたものになっていて、DTP系の職種の方は感心するのではないでしょうか?
個人的には「非水百花譜」の余白の作り方が抜群に上手いと思います。

というわけで、非水展は大満足だったのですけど、その後に収蔵展を見たのがまずかった・・・というのも、収蔵展でみた「鮭」の図で有名な高橋由一の油彩画「中州月夜の図」が私の中で規格外に良い絵だったからですきゃー
生で見ないと良さは全然伝わらないと思うのですけど、この絵があまりに良すぎて完全に前に見た非水展の印象が薄くなってしまいました・・・。
ちなみに他の収蔵品では、ワシリー・カンディンスキーの作品が良かったです。
高橋由一「中州月夜の図」
▲高橋由一「中州月夜の図」


ちなみにこちらは宇都宮美術館で販売されていたお土産。 どちらもなかなか美味しかったですはにゃーん
愛のかけら

栃乳果

尚、当然のように夕食は私が買って来た宇都宮餃子でした~jumee☆faceA216L
宇都宮餃子

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 美術館

村山槐多展(松濤美術館)

今日は近場で開催されていたにも拘らず行っていなかった、渋谷区立松濤美術館の「ガランスの悦楽 没後90年 村山槐多」展へ行って来ました。

渋谷の東急文化村方面からも行けるのですが、私は自宅から徒歩だったので神泉町の方から美術館へjumee☆faceA216L
事前に調べていたので分かっていた事ですが、何とも目立たない所にありますね。
松濤美術館

松濤美術館

村山槐多展

アクセスがあまり良くない場所ですけど、中高年の方を中心になかなか盛況でした。
少し感想を言うと、村山槐多は23歳の若さで亡くなり、実質的な作画期間がわずか5年しかない画家ですが、その作品の濃密さは大変なものですね。
残されている手紙などの内容も含めて、作品から人間・村山槐多の内面がひしひしと伝わってきます。
特に人物画は油彩も水彩もとても良かった!
この内容で300円(60歳以上は無料)なのですから、かなりおススメですきゃー


渋谷で買い物もして大満足で帰ると、ミュウの右目が涙目に。 もしやと思いチェックすると、2本の逆さ睫毛がうあっ 逆さ睫毛

すぐに抜いてあげると、一時間後にはパッチリ犬笑
回復♪

安心して買ってきた図録を広げ始めると・・・
村山槐多展図録

とりあえず買ってきたものはチェックしたいミュウが・・・
村山槐多展図録

頭が邪魔だぞぉ~きゃー 村山槐多展図録

やっぱり版画と違って油彩は図録と本物では雲泥の差です。
今月の24日までですけど、行ける方は是非!

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 美術館

はじめの一歩?

私は、一応美術品を扱うお仕事をさせていただいています。
なので、少しでもお客さんの気持ちを理解できた方が良いと思い、私も絵を集めてみることにしました~はにゃーん

絵を集める基準としては、当然作家で集める方もいらっしゃいますが、絵柄で集めている方もいらっしゃいます(この前「釣り」の絵を集めているという方がいらっしゃいました^^)。
私は特定の好きな作家がいるわけではないので後者の基準で集めることにして、絵柄は当然「いぬ」に決定~犬笑犬笑犬笑犬笑


そう思い立った矢先に見つけてしまったのが、下の版画家・大野隆司さんの作品です。
お値段は言えませんけど(安すぎて^^)、額装の方が高くつきました~苦笑
大野隆司

なかなかカワイイjumee☆faceA216L
大野隆司

おねむなアンディと犬寝
大野隆司


玄関に飾るのにピッタリjumee☆faceA216L
大野隆司


まずははじめの一歩ということで蒐集を始めましたが、果たしてどこまでできるやら・・・何しろ飽きっぽいのでかおまる

とりあえず3点ほど気に入った作品を見つけたので、それらが市場に出る時を待つことにしたいと思いますjumee☆faceA216L

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 絵画 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 我が家のダックス 版画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。