スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々勿体ない「長い腕」

5月に某書店で平積みになっているのを見て読んでみたのがこちらの作品(先日見たら渋谷の書店でもまだ平積みになっていました)。

川崎草志「長い腕」 (角川文庫)
長い腕 (角川文庫)

ゲーム制作会社で働く汐路は、同僚がビルから転落死する瞬間を目撃する。
衝撃を受ける彼女に、故郷・早瀬で暮らす姉から電話が入る。
故郷の中学で女学生が同級生を猟銃で射殺するという事件が起きたのだ。
汐路は同僚と女学生が同一のキャラクターグッズを身に着けていたことに気づき、故郷に戻って事件の調査を始めるのだが・・・。
現代社会の「歪み」を描き切った衝撃のミステリ!横溝正史ミステリ大賞受賞作。
序盤で発生する猟奇的な事件の時は、園子温監督の「自殺サークル」や黒澤清監督作品のテイストを想像していたのですが、最後はちょっと安易な着地点だったかな?

いくつか気になった点を挙げていくと、まず主人公の汐路は同僚の死から事件を調べ始めますが、これがクールに描かれている彼女のキャラクターと合わない。
彼女の職業が記者だったり、自殺した同僚がよほど親しい人だったりしたら分かるのですが、そういうわけでもないので、調査に至る流れが少し唐突な感じがしました。
あと村に帰った直後、その閉鎖性を描いていたのにその後は特にその設定が生かされることもなかったのも・・・
そして、これが一番言いたかったことですが、この小説は9年前の作品(なのに平積みされているのが謎)です。
そのせいか、Web周辺の認識がちょっと古くて、当時はリアリティのあった恐怖感なのでしょうが、 現在ではある種の偏見にすら感じられるものが多かった。
なので、あの結末というか被害者のリテラシーの無さは受け入れづらかったですね。

殺人事件の発生率やお父さんの奇行の真相など、もっと面白くなりそうな要素が沢山出てきているのに、そこがあまり生かされず、古臭い(現在では)Webの恐怖的な方向に落とし込まれたのは勿体なかったですね。
クライマックスの屋敷への侵入のくだりはかなり怖くて、特にゴルフクラブの描写は必見!

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 読書 感想

東野圭吾「新参者」

今日は久しぶりに本のお話
取り上げるのは4/18(sun)にドラマ放送が始まった東野圭吾「新参者」です。
東野圭吾「新参者」

江戸の匂いも残る日本橋の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。 「どうして、あんなにいい人が……」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。 着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。
このお話はミステリーというよりは、“下町を舞台にした人情物”。
個人的には、故藤田まことさんの「はぐれ刑事・純情派」のイメージが近いかな
つまり事件の謎を追う話というより、ある女性の殺人事件を中心にその影響を大なり小なり受けた人々それぞれの物語を描いた群像劇なのです。
ミステリーとして“犯人は誰か?”の部分は弱いのですが、それを補って余りある群像劇としての構成の上手さが光りますね。
最も事件の中心から遠い位置の第一章「煎餅屋の娘」では被害者の名前さえ分からずに終わり、被害者と深く関わっていた人々のエピソードになるにつれて事件の詳細が明らかになっていく手法は、物語に対する没入感を高める効果が有る気がします。
一つ一つの小さな人情話が、それを繋ぐ加賀のキャラクターによってベタベタし過ぎずサラリとした後味になっている事も見逃せないポイントですね。
ちなみにこの作品で私は“キャラクターの書き分け”に一番感心しました。
作品中に各キャラクターの容姿に関する記述は殆んどないのですけど、話し方や職業、バックグラウンドを提示されると読み手の中にステレオタイプとも言うべき人物像がちゃんと浮かぶものなんですよね。
それが出来るだけの無駄のない情報を読者に与えていることが本当にお見事!
ちゃんと登場人物を無駄なく読者に印象付けられているから第一章で二言三言しか話していないキャラクターが第八章に登場してもすぐに分かるんですよね。
何度も書いてしまいますが、この作品は人情話なので各エピソードについて一切書くわけにはいきませんが、私としては最近読んだ中で群を抜いておススメです

小説に関連して第一話の放送が終わったドラマの方の感想も一言。
まず主人公の加賀を阿部寛っていうのは・・・加賀はもっと飄々としているというか、言葉は悪いですがボンクラに見えるキャラクターだと思うのですけど、阿部寛は如何にも“曲者”って感じがしてしまうのですよね。
構造については、小説は基本的に各エピソードが、それぞれ章の題名になっているキャラクター達の視点で描かれていますが、ドラマでは完全に加賀の視点で描かれていくみたいですね。
なので各エピソードが独立した感じではなく、ある程度平行して描かれていくのかな?
加賀の周りのキャラクターに原作にいないキャラクターがいる事といい、ちょっと加賀を中心に描きすぎているのが気になります。
一番残念なのは、謎の開示の仕方とそれに伴うラスト、さらにオープニングからの音楽も含めた演出ですね。
何ていうかケバケバしいと言うのでしょうか、見ていてげんなりしてしまいました
せめて演出は抑えられると思うのですけど・・・原作が良かっただけに今後がかなり不安

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 我が家のダックス 目黒川 読書

相沢沙呼「午前零時のサンドリヨン」

最近、快調に本を読むことが出来ていて、今日も 相沢沙呼「午前零時のサンドリヨン」(東京創元社)を読了しました。
相沢沙呼「午前零時のサンドリヨン」(東京創元社)

【あらすじ】
ポチこと須川くんが、高校入学後に一目惚れしたクラスメイト。
不思議な雰囲気を持つ女の子・酉乃初は、実は凄腕のマジシャンだった。
放課後にレストラン・バー『サンドリヨン』でマジックを披露する彼女は、須川くんたちが学校で巻き込まれた不思議な事件を、抜群のマジックテクニックを駆使して鮮やかに解決する。
それなのに、なぜか人間関係には臆病で、心を閉ざしがちな酉乃。
はたして、須川くんの恋の行方は──。
学園生活をセンシティブな筆致で描く、“ボーイ・ミーツ・ガール” ミステリ。
第19回鮎川哲也賞受賞作
(東京創元社HPより)
この作品、鮎川哲也賞の選者である笠井潔、北村薫、島田荘司らに加えてAmazonなどのレビューでも高評価を獲得していますが、個人的にはちょっと苦手かなぁ

まず内容に関して言うと、上述したあらすじ(本のカバーなどにも書いてあり、私もこれを読んでから購入しました)や表紙のライトorポップな感じに対して、実際の内容が重すぎる気がしますね。
マジックを絡めて真相の解明や関係者の救済を行なう話にしては、扱っている事件が深刻過ぎますし、しかもそれをかなりザックリと表面をなぞるだけのような扱い方をしているように感じました。
第一話の図書室で、ライトノベルの話をしそうになる描写がありますけど、やっぱりこの作品は設定自体がそうである様にライトノベル的な、シンプルで他愛もない、高校生らしい(大人の立場では他愛もない)事件を扱う方が良かったのではないですかねぇ
そんな他愛もない話でも、最終的な酉乃さんの自己受容、自己承認を成立させることは十分可能だと思います。

ミステリー部分とは別に、無口な女子高生マジシャン・酉乃さんと主人公・須川くんのボーイ・ミーツ・ガール部分が、物語のもう一つの柱となっていますが、この須川君の会話の言い回しとかって、ちょっと酷すぎませんかね?
そもそも酉乃さんはパーソナル・スペースが広めなタイプだと思うのですけど、そんな子に対して須川君は、すごく無遠慮に踏み込んで来ます。
ここでの須川君は酉乃さんに一目惚れをしているわけですから、それこそ彼女に対する距離感を慎重に測るものだと思うのですけど・・・あんな会話で親密になっていくものかなぁ
それと絡んでずっと気になっていたのが、須川君の一人称による描写部分で、「酉乃さん」のことを「酉乃」って呼び捨てにしている所ですね。
後半の親密になって来た頃ならともかく、最初から呼び捨てって・・・「酉乃さん」から「酉乃」になる変化を描いた方が、二人の距離感の変化も分かりやすくなっていたと思うのですけどね

色々書きましたけど、要するに一人称で描かれる作品で、須川君に感情移入が全く出来なかったことが、私としては致命的だったかなぁ

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 感想

遠藤武文「プリズン・トリック」

今日は天気も悪かった上に、私も少し風邪気味だったので家でコタツに入りながらぬくぬく
そんなわけで、うちの子達もまったりモード
アンディ

ミュウ

コビー
▲おててのシワとシワを合わせて幸せ~


おかげで今日は随分読書が進んで、年末に買っていながら全然読めていなかった遠藤武文「 プリズン・トリック」も読了しました
遠藤武文「プリズン・トリック」

【あらすじ】
刑務所で密室殺人―乱歩賞史上最強トリック!!
交通刑務所で発見された前へ倣え姿の遺体。
現場は密室――逃走した受刑者を追う県警が知る意外な事実。
選考委員・東野圭吾氏も仰天の第55回江戸川乱歩賞受賞作

読み終わってみると、この某人気海外ドラマまがいのタイトルのセンスから疑ってかかるべきだったような気が・・・

この作品は本の帯に書かれているように、刑務所内で起こった密室殺人の謎こそが読者にとっての最大の関心事なはずなのですけど、密室殺人の謎が物語の推進力になるのは序盤だけで、後は犯人の行方と動機を探る捜査員などの群像劇スタイルに移行してしまいます。
ここで読み手と物語内のキャラクター達の関心事の乖離が起きてしまっている気がします。
ただ物語内のキャラクターが密室を問題にしないのは当然で、何しろ犯人は刑務所内から消えた男に決まっているわけですから、その犯人さえ捕まえれば全て明らかになるというスタンスになりますよね。
でも読者としてはどうしても密室の謎が気になってしまうのですから、誰も密室の謎について検証を行なわないのはどうなのかなぁ・・・?
群像劇にしてもキャラクターの個性が弱すぎて闇雲に構造を複雑にしてしまっているだけな気が・・・自閉症の子供がいるとか全然伏線にもなっていないものまで付与しているのですけど・・・

そしてラストで明らかになる(この開示方法も本当にガッカリしました)肝心の密室トリックなのですが、確かに驚愕だと思います。
ただ、それはトリックそのものよりも、むしろその成立条件についてなのですけどね
序盤に交通刑務所内の細かい描写をしているので、きちんと取材した上でこのトリックが考えられているとは思うのですが、ちょっと信じ難いです。
もしもこの前提条件としての交通刑務所の現状に信憑性がないのだとしたら、このトリックはトリックですらない気がします・・・前提が成立したとしてもあんまり鮮やかなものでもないかな?

帯の宣伝文句で期待しすぎてしまったのかもしれませんが、最後の謎の開示の方法も含めて物語の構成に工夫が足りないかな

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 我が家のダックス 読書

綾辻行人「Another」

今年の本屋大賞のノミネート作品が発表されましたね♪
夏川草介「神様のカルテ」、三浦しをん「神去なあなあ日常」、有川浩「植物図鑑」は読みましたけど、残りで読むとしたら、東野圭吾「新参者」と冲方丁「天地明察」ぐらいかなjumee☆faceA216L

そんなわけで先日から久々に読書熱が高くなってきたので、今日は本を一冊読み終えてしまいました。
折角なので少し感想を。。。

読了したのは『館』シリーズでお馴染みの綾辻行人のミステリーホラー、 「Another」(角川書店)
綾辻行人「Another」(角川書店)

―あらすじ―
1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた。この“世界”ではいったい、何が起こっているのか?秘密を探るべく動きはじめた恒一を、さらなる謎と恐怖が待ち受ける・・・。


今回はかなりネタバレを含む内容で書くので、読まれるご予定の方は読まないでください。
ただ、先に結論を言ってしまうと、Amazonのレビューなどでは高評価なようなのですが、個人的にはあまりお薦めはできないかなぁ困り顔
以下、ネタバレを含みます。


私がこの作品で一番気になるのは、問題が根本的には全然解決していないこと。
この作品は、簡単に言うと、何十年も続くある「現象」を止めるために主人公たちが奔走するという話なんですが、最終的に主人公達の危険は回避されるものの、根本的には何も解決していないのです。
これでは来年にまた主人公たち以外にこの「現象」がふりかかる事になるわけで、それはどうなのかと・・・。
普通の年ならともかく、“5月にクラスメイトが増える”という初めての事態で、しかもクラスにはとんでもない特殊能力(能力自体は途中で察しがつきます)を持つ子もいるなど、かなり普通じゃない年なのにも拘らず、最終的には昔の当事者が残してくれたメッセージをなぞるだけの解決方法って・・・。
解決方法自体は設定が判明した時点で察しはついていたので、それをどのようにして見つけるのかを楽しみにして読んでいたのですけど、それなのに論理的な推理なんかは一切なく、上述した特殊能力で判明っていうのも・・・。
読み始めた時からスティーブン・キングの「IT」に似ている(主人公はキングのファン)と思っていましたが、明確な攻撃対象を設定できないために、こんな中途半端な解決方法になってしまったのでしょうか・・・。
そもそも、この「現象」の設定は都合が良すぎて、色々説明はしていても全然納得が出来ない!
しかも設定の説明(後の方になるともはや無茶な設定の言い訳?)がとにかく長い・・・。
だからこんな厚さになったのかなションボリ
クラス内だけの秘密とか、記憶の操作とかの設定は不要だったのではないですかね。
綾辻行人「Another」(角川書店)
▲680ページの大ボリュームうあっ

もう一点、物語で降りかかる災厄のことを当事者達は「呪い」ではなく「現象」だと話しています。
でも「現象」という無機質な呼び方にしては、中盤からかなり直接的な脅威が眼前に現れて・・・。
最終盤に至ってはもう完全な暴力の行使者が現れていますしね。
この設定ならば、それこそ学校に登校するたびにクラスメイトが減っていく形の方が、目に見えない脅威の不気味さが強調されると思うのですが・・・jumee☆faceA216L

色々と文句を言いましたが、文章自体は読みやすくて、物語の推進力も終盤まで持続しているので、読み出すと止まらないだけの魅力があります(私も読み終わるまでは面白かった)。
結末に納得できるのならば、おススメなのかな?

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 感想

まったりと

最近、姉の胎教でクラシックのこってりとした音楽を頻繁に聞かされているので、一人の時はあっさりした音楽が聴きたくなり、久しぶりにJ-POPを堪能していますjumee☆faceA216L

そんな中でトルネード竜巻のインディーズ時代のアルバム 『AnalogMan fill in the blanks』がヘビーローテーション化中♪
トルネード竜巻『AnalogMan fill in the blanks』
▲音楽同様、まったりなコビー犬寝

1stアルバムの『One night robot kicks the rock』も好きなのですけど、個人的にはメジャーを含めてもこのアルバムがベストかなjumee☆faceA216L



トルネード竜巻は活動休止中でしたけど、どうやらライブが決定したようなので、活動再開してくれるのかな?
ちょっと楽しみですはにゃーん


ついでにゆる~い小説も一日で読了。
似鳥鶏『理由あって冬に出る』
似鳥鶏『理由あって冬に出る』

タイトル通り、学校に出るお化けをめぐるミステリー。
個人的に学校を舞台にした怪奇譚ってツボなのですけど、ちょっとミステリーとしては安易過ぎるかな?
冒頭と、中間に差し込まれる消費者金融に追い詰められた男のエピソードがどう絡むのかと楽しみにしていたのですけど、あのラストは・・・。

今度はかなりヘビーな本を買ったので、読み応えがありそうですにんまり

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : 音楽 読書

経済学

昨日は帰宅が日を跨いでしまい、何気なくTVをつけると「朝まで生テレビ」で若者論をやっていました犬寝
正直眠かったので見る気はなかったのですけど、『思想地図』の東浩紀さんや、先日読み終わった『 経済成長って何で必要なんだろう? (SYNODOS READINGS)』に登場されている赤木智弘さんと、『脱貧困の経済学-日本はまだ変えられる』の雨宮処凛さんが出ていたのでついつい見てしまいました(最後まで見ましたけど議論が散らかりすぎで、全然若者論になっていませんでしたね。最後に辻川泰史さんが仰っていたことは尤もだと思ったので、少し出演者の人数や司会者の人選を考えるべきかも?)。
経済成長って何で必要なんだろう?&脱貧困の経済学-日本はまだ変えられる
こちらの2冊は経済学者・飯田泰之さんの対談本です。
最近、経済学への関心が強くなったので読んだのですけど、なかなか難しいですね~きゃー(学生時代にちょっとだけマクロ経済学は勉強したんですけどねぇかおまる
個人的にケインズとハイエク、フリードマンの理論が対立しないという話や、2%成長の必要性なんかが面白かったですね。
2冊読ませてもらいながらも、ベーシックインカムに諸手を上げられないのは私が本の中に出てくる文芸の言葉というやつに捉われているせいなのかなぁjumee☆faceA216L


追記
今日、姉の友達の飼っていた子ゴールデンレトリーバーが今週亡くなっていたことを知りました・・・うるうる
その子はとても優しくて賢い子で、うちの子がお邪魔した時にはその傍若無人さに恐れをなして廊下に避難していました・・・苦笑
すみれちゃん、どうか安らかに。ティナをよろしくね。。。
それにしても今年は・・・。

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 感想

W中村世代?

仲卸の会社に直接注文していた本がようやく到着しました。

8月の終わりに注文していたので、何故約半月もかかったの?って聞いてみたら、何ともう重版!!
てっきり初版が買えると思っていたので、これにはびっくりうあっ

こちらが今回買ったイラストレーター・中村佑介の画集『Blue
中村佑介画集『Blue』
▲表紙の絵は林静一を意識しているのかな?


個人的に好きなイラストは、スピッツの「三日月ロック」かな?
スピッツ『三日月ロック』
ミュウちゃんはどう思う? 犬・・・

ちなみに私が初めて中村佑介さんを知ったのは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの『君という花』のCDジャケット。
ASIAN KUNG-FU GENERATION『君という花』
▲写真を邪魔する黒い影犬笑

ジャケットも良いですけど、この曲自体もお気に入り♪


それにしても印刷の紙の質がすごく良いです。
コビー、お願いだから爪をたてないでね苦笑
コビー

はじめはこの画集を買うつもりはなかったのですが、同世代ということを知って強烈なシンパシーが生まれちゃったもので・・・パンダ
そういえばサッカーの中村俊輔選手も同世代。

先日、友人たちが自分たちのことを「松坂世代」とか「安達祐美世代」って言っていたので、今度から「W中村世代」って言ってみようかなはにゃーん

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : イラスト - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 我が家のダックス 読書 画集

お留守番

昨日は家族が皆、出掛けてしまっていたので私とお犬犬笑犬笑犬笑はお留守番。
ちょっとだけ仕事をしてから、買ってから読んでいなかった本(漫画)を読んだのでちょっとだけ感想を。

浦沢直樹『PLUTO 8』
PLUTO 8 (ビッグコミックス)

浦沢直樹『BILLY BAT 1』
BILLY BAT 1 (モーニングKC)

浦沢直樹による、手塚治虫の『鉄腕アトム』の「地上最大のロボット」のリメイク『PLUTO』の最終巻と、占領下の日本を舞台にしたサスペンス『BILLY BAT』の第一巻。
私にとって浦沢作品は『MONSTER』以降、序盤に伏線を張りに張って興味を引き付けるものの、終盤に向かっての伏線回収が作業的になって尻つぼみに・・・というのがパターンだった(『20世紀少年』が典型ですね)のですが、『PLUTO』は短かったこともあって、比較的上手くまとめた印象です(ちょっと地味すぎる?)。
逆に『BILLY BAT』は浦沢作品で一番面白い伏線張りの段階なので、かなり面白いのですが、最後に月面にまで広げてしまった話を上手く収束させられるのかが、今から心配・・・犬・・・

湊かなえ『贖罪』 贖罪 (ミステリ・フロンティア)
第6回本屋大賞を受賞した『告白』の著者、湊かなえによるミステリー。
とある田舎町で起こった少女殺害事件の犯人を目撃しながら証言ができなかった四人の少女と、四人の人生を大きく狂わせる言葉を投げつけた被害者の母親の独白によって構成されているのが特徴。
内容はかなり猟奇的で、とても理不尽だと思いますが、文章が圧倒的に読み易いのが驚きうあっ
とはいえ、こんな特殊な人格の人たちが、田舎の狭いコミュニティに揃っているというのはどうなのでしょう?
ちなみに、私には事件の犯人が殺害した少女に暴行を働いた理由がよく分からなかったです。


重たいものを読んでしまったので、優しいお話が読みたくなり、今日本屋でこちらの本を衝動買いしてしまいましたはにゃーん
神様のカルテ
心温まるお話でありますように犬笑

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : ダックスフント大好き♪ - ジャンル : ペット

タグ : 我が家のダックス 読書

探偵倶楽部、の掟(^^

今日は日食でしたね。
職場にいた私は、気が付いた時は既に終わっていた感じでしたが・・・。
野生の勘とは無縁のうちの子達もこんな感じでした。
zzz


今日は久しぶりに東野圭吾作品2冊を読み終えたので、ちょっと感想を。
まずは、会員制の興信所“探偵倶楽部”が関わった5つの事件を描いた短編集『探偵倶楽部 (角川文庫)』。
探偵倶楽部 (角川文庫)

この作品は、残念ながら設定が生かしきれていませんね。
会員制の機関を絡ませる必然性が、5つの事件から感じられないのは残念。
手法は東野作品によく見られるものが満載で、個人的には「罠の中」はニヤリとさせられますね。


続いて、先ごろドラマ化もされた推理小説ネタバレ満載の『 名探偵の掟 (講談社文庫)
名探偵の掟 (講談社文庫)

ネットのニュースで、ドラマがつまらないのは出演された松田翔太さんや香椎由宇さん、脚本のせいである旨の記事を見たことがありましたが、その意見には半分賛成で半分反対。
なぜかと言いますと、原作自体がそれほど面白くない気が・・・。
というよりも、この作品は推理小説が好きな人がお約束の説明を見てニヤリとする類のもので、決してストーリーを楽しむものではないんですよね。
とはいえドラマ出演者のコメディセンスは?ですし、ドラマの時間の枠も長すぎる、そして何よりもお約束の暴露が弱い(もっと徹底的にやらないと!)・・・恋愛要素を入れるなら、ガリレオのドラマ化みたいに大河原を外して、そのポジションに女性を嵌めた方がスッキリする気もしました。

今度は湊かなえさんか、道尾秀介さんの長編が読みたいですね。

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ 人気ブログランキングへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 我が家のダックス 読書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。