スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ゴールデンスランバー」

ゴールデンスランバー [Blu-ray]

伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を映画化したサスペンス。
【あらすじ】
仙台に暮らすごく平凡な30歳の独身男、青柳雅春。
金田首相が凱旋パレードを行うその日、大学時代の同級生・森田に呼び出された彼は、“お前、オズワルドにされるぞ。とにかく逃げろ”と謎の警告を受ける。
その直後、背後のパレード会場で爆発音がしたかと思うと、なぜか2人の前に警官が現われ、躊躇なく拳銃を向ける。
訳もわからぬまま反射的に逃げ出した青柳だったが・・・。
【キャスト】
堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり 香川照之 濱田岳 渋川清彦 柄本明 伊藤四朗
【監督】
中島義洋(「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」「チーム・バチスタの栄光」)
始めに結論を言ってしまうと、私はこの作品をあまり楽しめませんでした。
以下、特に気になったことをいくつか。

まず、そもそもあの首相の存在が記号的過ぎて、あの暗殺事件からして全然乗っていけません。
事件はJFKの劣化コピーのような話なのですが、そもそも日本の首相のパレードで皆が沿道に出て旗を振って歓声を上げるなんて事があります?ここから既に映画から置いてけぼりをされてしまったのですが、原作では首相公選制によって選ばれたという設定があるらしく、現実よりもずっと大統領的な立場なんですね。
フィクションラインを下げたくなかったのかもしれませんけど、それならば暗殺されてしまうような、何か大変な事をしようとしているみたいな設定だけでも入れてくれれば少しは変わるのでは(パレードは無理ですが)?

次に主人公の逃亡劇の切迫感の無さ。
絶望的に追い詰められていくのに、主人公は変装もせず、ボロボロの滅茶苦茶目立つ車で呑気に市内を走っているのですけど、全然警察に見つかりません。
また元カノ、大学の後輩、会社の先輩、花火屋、元アイドル、父親が主人公を信じて助けようとしてくれます(先輩がさらっと「お前じゃないんだろ」って言うシーン、父親がカメラの前で堂々と「逃げろ」と言うシーンはちょっとジーンとしました)が、彼のことを全く知らない通り魔や配管工(?)が助けてくれるのはどうなのかな?
メディアによって勝手な印象を付けられている彼を犯人と決め付ける世間と、実際に彼と関わった人たちが対立関係になるのは良いんですけどね。

最後に一番納得がいかない点が、途中まで個別に監視まで付けていた元カノ・樋口晴子の監視が中盤から全然無いことです。
彼女に付いていた監視員は彼女を監視中に殺されているのですから、彼女のマークをさらにきつくするか、もしくは事情聴取と称して拘束ぐらいはしそうな気がします。
なので終盤に彼女があんな大掛かりな仕掛けをすることが出来る状況が信じられないんですよね。

キャラクター造形が上手く、ロードムービー的な部分は良いのですけど、逃亡劇の部分で気になる点が多くて楽しめなかったのが残念
最後の伏線回収は気持ち良かったですね
欲を言えば、どこかのお店で「A+」って呟いて欲しかった~w

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画 感想

『告白』 in 新宿バルト9

今日は久しぶりに映画館で見た映画のお話。
湊かなえ原作の映画『告白』を観て来ました
(C)2010「告白」製作委員会
©2010「告白」製作委員会

【ストーリー】
ある中学校の1年B組、37人の13歳がいる雑然とした教室。終業式後のホームルームで教壇にたった担当の森口悠子は「私の娘が死亡しました。このクラスの生徒に殺されたのです」と衝撃の告白を始め、教室は静寂に包まれる。
【キャスト】
松たか子 岡田将生 木村佳乃
【監督】
中島哲也(『下妻物語』 『嫌われ松子の一生』 『パコと魔法の絵本』)
この作品は犯人を探すタイプの物語ではありません。
犯人(少年A,B)は冒頭の森口悠子による告白によってすぐに判明します。
この作品で描かれているのは、事件に関係する人たちの純粋な想い、願い、そして悪意の衝突なんですね。
特に13歳の少年少女たちの純粋であるが故に生まれるあまりの残酷さ、浅はかさは胸が痛くなります。
そして肥大化した自我が、正に爆発した悲劇的な結末・・・。
観終わった後、すべての救済をふりほどき、より深い絶望へと沈んでいった少年の姿にとても苦いものを感じました。

この作品はこれぞ中島哲也監督!って言いたくなりました。
あの原作でこれほどの映像作品に仕上げられる手腕に脱帽です。
もちろん、非常に作り込まれたイメージ映像の切り貼りの感があり、あまりに作り物めいていて、作品の持つ絶望や苦味みたいなものがストレートに伝わってこない面もあります。
ただ、やはり映像の魅力がこの作品の推進力になっているのも確かなので、これは好みが分かれるかもしれませんね。
少年A,Bに対するクラスメイトたちのいじめをミュージカル仕立てで表現したのは、その無邪気さを残酷なまでに表していて、非常に効果的だったと思います。

楽しい映画というわけではないですけど、かなりオススメです!


ちなみに私はこの作品を新宿にあるシネコン、新宿バルト9で観て来ました。
sinnjukubarut

初めて行ったのですが、座席は座り心地が良いですし、傾斜もあって圧倒的に見やすかったです(渋谷の映画館とは大違い、、、)。
深夜までやっているのも仕事をしている人にとってはありがたいですね(私も深夜に友達と観ました)。
同じ料金なら質の良い劇場で観たいですね!お近くの方は是非是非行ってみてください

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画 感想 新宿バルト9

感心はするけど・・・な「センコロール」

久しぶりに『水曜どうでしょう』以外のDVDを買ってしまいましたjumee☆faceA216L

それがコチラの宇木敦哉『センコロール』(完全生産限定版)です。
センコロール

この作品は動画革命東京の支援により、宇木敦哉監督が脚本だけでなく、ビジュアル面をほぼ一人で作り上げたという驚愕の情報を得てしまったのでつい買ってしまいました・・・こういう作家性が前に出てきている作品にはつい手が伸びてしまうんですよねかおまる
ちなみに↓は2006年に公開されたパイロット版です。

▲完成版より絵のクオリティが高いです。。。

30分の短編アニメーションなので、ストーリーや設定の説明不足は仕方ないのですけど、そもそもこの作品は短編アニメとして描くべき作品ではない気が・・・。
かなり中途半端な始まり方と終わり方なので、テレビ放送の第2話的な印象。
個人製作のセルアニメーションとしては動きが秀逸なのは確かですが、それはセンコをはじめとするクリーチャー限定の話で、人の動きがイマイチなのは残念。
動きが一番のウリにしているようで、キャラクター以外の背景はかなり記号化され、メインキャラクター4人と3匹(?)以外には背景で動くエキストラ的な人たちも出てきません(窓からのぞく子供ぐらい?)。
なので、描かれている世界が非常に作り物めいてしまっているんですよね。
そして私が一番解せないのは、監督自身が続編に色気を見せていること。
ということは、そもそも短編作品として完結させる気自体がないということ?
それは、この作品を手にとって買った(劇場で見た)人に対して、非常に不誠実な制作態度だと感じますね。
だから見終わった後に何にも残るものがないのかな・・・。。。
結論としては一人で作ったというフィルターを外せば、それほど質の良い作品ではないと思います。
驚愕のメイキングが一番面白かったかもjumee☆faceA216L


おそらくこの作品と一番比較されるのは、セルアニメーションではありませんが、同じくほぼ一人で作り上げた新海誠監督の『 ほしのこえ』でしょうね。
私も昔、CGの勉強をしていた時にこの作品を観て衝撃を受けたことを覚えています。

ほしのこえ(サービスプライス版) [DVD]



『ほしのこえ』と『センコロール』の違いは、やっぱり短編の中で描くべきことをきっちり絞って描けているかだと思うんですよね。
『センコロール』も動きを見せることに注力したいなら、ユキの絡ませ方をもっと単純化した方が良い気がします。
そうすれば時間に余裕が出来て、描写時間のバランスがとても悪い点も解決できるのではないですかねぇ。。。
ちなみに『ほしのこえ』は脚本やその空気感、それを支えるあまりに美しい背景(人物造形はイマイチ)という点で、他の商用アニメーションを上回っていることも大きいですね。
『センコロール』には一人で作ったメリットが殆んど感じられないことも残念で。。。

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

タグ : 日記 映画

緻密な脚本に脱帽!「アフタースクール」

ヘルボーイに続いて見たのが、コチラの「アフタースクール」。
アフタースクール

あらすじ
一流企業に勤める木村(堺雅人)が突然の失踪。
彼の親友で中学教師の神野(大泉洋)は、ひょんなことから同級生を装い木村を捜す探偵・島崎(佐々木蔵之介)と木村探しに奔走する事に。
しかし、捜索する中で浮かび上がる木村は神野の知る彼の姿とはかけ離れていて・・・。
監督/脚本:内田けんじ(「運命じゃない人」)
出演:大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子、田畑智子

とにかく見て!って薦めたくなる文句なしの傑作ですきゃー
その要因は、何といっても内田けんじ監督による緻密に構成されたオリジナル脚本につきます。
あらゆる台詞、演出が見事な伏線になり、そして中盤以降にそれが一気に回収されていく展開は痛快な驚きに満ちていますびっくり

作品の特性上細かくは言えませんが、私が特に感心したのは大黒に木村がビールを勧めた所と、神野が元キャバ嬢にあゆみの確認をした所ですねぇ・・・お見事!

題名の「アフタースクール」っていうのも意味深長で良いですね。
見終わった後にその意味がようやく分かると思います。
神野の「学校なんかどうだっていいんだよ!お前がつまんないのはお前のせいなんだ。」って台詞は深いなぁむぅ
エンドロールにかかるmonobright「あの透明感と少年」も良かった~♪


とにかく最低でも2回は見るべき傑作ですきゃー

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ 人気ブログランキングへ

テーマ : オススメの映画 - ジャンル : 映画

タグ : 映画 感想

「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」

今日はフィラリアの薬をあげたり、病院に行ったりと、うちの子達はあまり遊べなかったので、飼い主も巣篭もり~はにゃーん
なので溜まっていたDVDを観ましたので、ちょっと感想を。

本日見たのは、ギレルモ・デルトロ監督作「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」。
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー



あらすじを簡単に説明すると、
BPRD(超常現象捜査防衛局)に所属する人間に育てられた悪魔・ヘルボーイが、恋人のリズ、水棲人のエイブらと共に、エルフ族の王子・ヌアダが目論む不滅の軍団・ゴールデンアーミー復活を阻むために奮闘する。
というようなストーリー。
個人的に一番分かりやすい例えをすると、アメリカ版「ゲゲゲの鬼太郎」です♪

正直、ストーリーは場当たり的ですし、説明不足で拙速に過ぎる感もありますが、そんなことはどうでもいいんですうあっ

この作品で見て欲しいのは何といってもその圧倒的なまでのビジュアルイメージ!
デルトロ監督は元々特殊効果畑で活動していただけあって、ビジュアルの見せ方が抜群に上手い!
背景も素晴らしいのですが、やはりクリーチャー造形の素晴らしさは特筆もの!
傑作「パンズ・ラビリンス」、「ミミック」に見られるように、彼の作品のクリーチャーというのは生理的な嫌悪感を抱かせながら、それでいて驚くほど美しい(特にユダの血統、ペイルマンは最高ですね!)。
今作ではトロール市場の背後に描きこまれたクリーチャーの群れと、新キャラクターのガス人間、ヨハン・クラウスは要注目です。
ちなみに「もののけ姫」や「カリオストロの城」から引用されたと思われるシーンもちらほら見られますねかおまる

この映画が70億円程度で作られたなんて・・・衝撃的です。
やっぱり作り手のセンスの良さが費用対効果を高めるものと感心させられました。
パート3の公開が待ち遠しい~むふふ

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ 人気ブログランキングへ

テーマ : オススメの映画 - ジャンル : 映画

タグ : 映画 感想

子犬たちが可愛いだけの『スノー・バディーズ』

ず~っと気になっていたディズニー映画『スノー・バディーズ-小さな5匹の大冒険-』を観ました~♪

スノー・バディーズ 小さな5匹の大冒険 [DVD]
スノー・バディーズ 小さな5匹の大冒険 [DVD]

ざっくり説明すると、ワシントン州に住んでいた5匹のゴールデンの子犬たち(ローズバッド、マッドバッド、バダボール、ブッダ、ビードッグ)がひょんなことからアラスカに行ってしまい、帰るためにそこで出会ったハスキーの子犬・シャスタと共に犬ぞりレースに出るお話ハスキー犬笑犬笑犬笑犬笑犬笑

ストーリーはもう滅茶苦茶で突っ込みどころ満載!
でもそんなことはどうでも良い!!
とにかく、子犬たちのおしゃべりと走り回る姿を観るだけの映画なのです!!!
スノー・バディーズ

ちなみに私のお気に入りは、シャスタがそりを引く際のポジションを決めるシーンですね~ローズバッドのコメントが可愛い過ぎるきゃー

公式サイト
http://wdshe.jp/disney/special/snowbuddies/

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ 人気ブログランキングへ

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : 感想 映画

これは『ドラゴンボール』?

昨年から実写化が話題になっていた『ドラゴンボール  エボリューション』の予告編が遂に解禁。
キャストを見た時に微妙~、と思っていたら想像以上に・・・はぁ

個人的にはドラゴンボールはどう料理したところでB級映画にしかなりえないと思うので、ある程度の酷さは覚悟していたのですが・・・冷汗1
正直キャラクター名とホイポイカプセル、かめはめ波がなければ『ドラゴンボール』とは分からないのではないかと。

何だか大人気格闘ゲーム『ストリートファイターⅡ』を実写化した『ストリートファイター』を思い出しました。
ストリートファイター [DVD]
正に迷作でしたが、個人的にはラウル・ジュリアが出演していただけで結構満足しました(^^
そういえば来年2月公開予定の『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』は大丈夫かなぁ冷汗1

ちなみに日本漫画の実写化の噂って結構聞きますけど、実現可能性があるものってあるのでしょうか?
『AKIRA』や『マクロス』は具体的に進んでいるみたいな話を聞きましたが、以前に噂になっていた『鉄腕アトム』や『ルパン三世(ジム・キャリーが演じるみたいな話も・・・)』、『ベルセルク』等は本当に実現するのかしら?
どれも『ドラゴンボール』よりは遥かに実写化に向いていそうですが・・・。
特に『AKIRA』、『ルパン三世』、『ベルセルク』はキャスティングさえ間違えなければ面白いものが出来る気がするのですが、どうでしょう。

個人的には随分前に聞いた『寄生獣』の実写を希望きゃー
寄生獣―完全版 (1) (アフタヌーンKCDX (1664))

↓よろしかったら click お願いします。↓
にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

テーマ : 映画の予告 - ジャンル : 映画

タグ : 映画

歌の不足が残念な佳作『うた魂』

うた魂♪フル!!!(初回限定生産2枚組)
キャスト
夏帆/ゴリ/徳永えり/亜希子/岩田さゆり/石黒英雄/薬師丸ひろ子
スタッフ
監督:田中誠(『タナカヒロシのすべて』『雨の町』)
脚本:栗原裕光 /田中誠
音楽:林祐介
あらすじ
名門校の合唱部でソプラノリーダーを務める女子高生・荻野かすみ(夏帆)は、自分の容姿と歌唱力に自己陶酔気味の女の子。
ある日、密かに思いを寄せる牧村純一(石黒英雄)から合唱中の写真を撮らせて欲しいと頼まれ舞い上がるが、出来上がった写真を見て愕然!牧村には「産卵中の鮭」と評されてしまう。
自信を喪失し退部の決意をしたかすみだが、見た目(ヤンキー)とは裏腹にソウルフルに尾崎豊を歌う権藤(ゴリ)たちを見て・・・。

続きを読む »

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画 邦画

クリスティーナ・リッチの魅力爆発のラブコメディ 『ペネロピ』

ペネロピ

キャスト
クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/ピーター・ディンクレイジ/サイモン・ウッズ/リース・ウィザースプーン(製作)
スタッフ
監督:マーク・パランスキー
脚本:レスリー・ケイヴニー
撮影:ミシェル・アマテュー
美術:アマンダ・マッカーサー
音楽:ジョビィ・タルボット
衣装:ジル・テイラー
あらすじ
ウィルハーン家の先祖が受けた呪いのために、豚の鼻と耳を持って生まれた少女ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)。
彼女の呪いを解くためには名家の男と結婚しなければならない(らしい?)。
彼女の呪いを解くべく母・ジェシカ(キャサリン・オハラ)は、彼女が18才になると屋敷へ次々にお見合い相手を連れてくるが、お見合い相手たちは彼女の姿を見た途端に逃げ出してしまう。
7年間そんな生活を過ごしたペネロピの元に、新聞記者・レモン(ピーター・ディンクレイジ)とお見合い相手だったエドワード(サイモン・ウッズ)に雇われた、落ちぶれた名家の青年・マックス(ジェームズ・マカヴォイ)が彼女の写真を撮るためにやってくる。
鏡越しに時間を過ごすうちに惹かれあっていく2人だったが、姿を見せたペネロピにマックスが触れようとした瞬間に隠しカメラが作動してしまい・・・。
公式サイト
http://www.penelope-movie.com/

続きを読む »

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画 ペネロピ クリスティーナ・リッチ

『クローバーフィールド』

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション

N.Yのアパートの一室。そこでは日本への赴任が決まったロブのサプライズパーティが催されていた。
そんな時に起こった地震。それに続いて起こった大爆発。
アパートの外へ出た彼らの前に転がってきた“自由の女神”の頭。
一体何が起こっているのか・・・

マット・リーヴズ監督。製作は『LOST』や『M:i:3』を手がけたJ・J・エイブラムス。

続きを読む »

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

タグ : クローバーフィールド 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。