スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ペット税』で改善されるかな?

YOMIURI ONLINEで『ペット税』の導入に関する記事が掲載されていました。

 自民党の動物愛護管理推進議員連盟(会長=鳩山総務相)は、犬や猫などの飼い主に課税する「ペット税」の導入に向けた議論を近く開始する。

 動物を飼ってもすぐに捨ててしまう飼い主を減らし、ペットを取り巻く環境改善につなげる狙いがある。議連では、ペットを購入する際に一定額の税金を全国一律で課すことを想定している。

 近年、ペットの飼い主が「飼うのに飽きた」などといった安易な理由で、ペットを捨てるケースが増えている。2006年度末時点で全国の自治体に引き取られた約37万4000匹の91%が殺処分され、社会問題化している。

 環境省はペットの引き取り数を17年度末までに約21万匹に抑える方針を打ち出しているが、財政難にあえぐ自治体は十分な対策を講じる余裕がないのが現状だ。この自治体の対策費の不足分を補う財源として、ペット税が浮上した。

 ペット税の税収は、〈1〉ペットと飼い主の特定につながる鑑札や体内埋蔵型マイクロチップの普及〈2〉自治体が運営する動物収容施設の収容期間を延長するための運営費〈3〉マナー向上の啓発運動費用――などに充てる方向だ。

 議連では、「ペット税導入には、動物愛護団体からも前向きな声が寄せられている。飼い主ばかりではなく、ペット業者にも『大きく育ち過ぎたから処分してほしい』といったモラルの低下が見られるという。新税導入で殺処分減少に効果があるかどうか、検討したい」としている。
これで殺処分される動物が少しでも減るのなら甘受しますが、果たして・・・。
個人的には議論の優先順位が間違っていると思うんですよね。
今すべきなのはもっと大きな制度設計のはずで、飼育を放棄されてしまった動物を救済する仕組み(「動物愛護センター」なんて名ばかりですからね)と、供給サイドのペットショップやブリーダーに対する抜本的な規制に関しての論議こそが必要だと思うのですが・・・。

現行制度の延長で、しかもモラル云々に期待するようでは駄目だと私は思います。

捨て犬を救う街 (角川文庫) ドリームボックス―殺されてゆくペットたち 天使になったペットたち 犬編 どうぶつたちへのレクイエム

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

タグ : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。