スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスティーナ・リッチの魅力爆発のラブコメディ 『ペネロピ』

ペネロピ

キャスト
クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/ピーター・ディンクレイジ/サイモン・ウッズ/リース・ウィザースプーン(製作)
スタッフ
監督:マーク・パランスキー
脚本:レスリー・ケイヴニー
撮影:ミシェル・アマテュー
美術:アマンダ・マッカーサー
音楽:ジョビィ・タルボット
衣装:ジル・テイラー
あらすじ
ウィルハーン家の先祖が受けた呪いのために、豚の鼻と耳を持って生まれた少女ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)。
彼女の呪いを解くためには名家の男と結婚しなければならない(らしい?)。
彼女の呪いを解くべく母・ジェシカ(キャサリン・オハラ)は、彼女が18才になると屋敷へ次々にお見合い相手を連れてくるが、お見合い相手たちは彼女の姿を見た途端に逃げ出してしまう。
7年間そんな生活を過ごしたペネロピの元に、新聞記者・レモン(ピーター・ディンクレイジ)とお見合い相手だったエドワード(サイモン・ウッズ)に雇われた、落ちぶれた名家の青年・マックス(ジェームズ・マカヴォイ)が彼女の写真を撮るためにやってくる。
鏡越しに時間を過ごすうちに惹かれあっていく2人だったが、姿を見せたペネロピにマックスが触れようとした瞬間に隠しカメラが作動してしまい・・・。
公式サイト
http://www.penelope-movie.com/

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 映画 ペネロピ クリスティーナ・リッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。