スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選曲が悩ましい・・・

実はいま姉が妊婦妊婦さんでして、もう7ヶ月ぐらいになるんですjumee☆faceA216L
そんな訳で、最近胎教の一環で、クラシックを聴かせようということになり、普段クラシックを全く聴かない姉に私がCDを貸すことに。
ちなみに私は自分が生で見る機会が出来た時に、その予習としてCDを買うのが基本なので、全体的に管弦楽などよりオペラが多いです。

最初に貸したのはジュゼッペ・ヴェルディの『アッティラ』。
動画でも歌っているディミトラ・テオドッショウで確かオーチャードホールでこの演目は見ました。
彼女は歌い方がこの演目に合っている印象ですねjumee☆faceA216L



続いて、もう少ししっとりした感じが良いかもと言われたので、今度はリヒャルト・ワーグナーの「タンホイザー」。
これはバイエルン国立歌劇場の公演を東京文化会館で見ました。
この時はワルトラウト・マイヤー目当てで行って大満足でしたねきゃー



やっぱり楽しい感じが良いかも?と言われて、再びジュゼッペ・ヴェルディに戻って、今度は「リゴレット」。
これは私が始めて見たオペラで、中学生の時に母と東京文化会館で見ました。
私をオペラ好きにさせた大好きな作品ですはにゃーん ちなみにCDを買うなら、私が実際に見たリッカルド・シャイー指揮で、レオ・ヌッチ、ニコライ・ギャウロフが出ているボローニャ歌劇場版がおススメです(私が見た時は違いましたけど、下の動画同様ルチアーノ・パバロッティが公爵役)jumee☆faceA216L
それにしてもすごい映像・・・パバロッティの声が艶有りすぎ!


やっぱりもう少し静かな感じが・・・と言われたので、今度はシャルル・グノーの「ファウスト」。
下の映像の前の二重唱の段階からが最高なんですよね~♪
プラシド・ドミンゴとミレッラ・フレーニが歌っているCDもありますが、個人的にはフランコ・コレルリとジョーン・サザーランドのロンドン交響楽団(リチャード・ボニング指揮)版がおススメですjumee☆faceA216L

ちなみに「ファウスト」で真っ先に思い出すのが、「オペラ座の怪人」ですね。
私は下の映像のドラマ?映画?がNHKのBSで放映していたのを見て、ファウストが見たくなってしまったんですよねぇにんまり


その後も『マクベス』、『ラ・ボエーム』、『ボリス・ゴドゥノフ』などを貸したのですけど、ここまで来てよおやく、そもそもオペラの内容があんまり胎教によろしくないのでは?という事に気が付き、オペラを聴かせる事を断念ひぇ

というわけで、現在は私が好きなグスタフ・マーラーの交響曲1番『巨人』や、

アントニン・ドヴォルザークの『スラブ舞曲』などを聴かせてみていますjumee☆faceA216L

やっぱり一般的に良いと言われているモーツァルトのCDでも買って来ようかな?

↓よろしかったら 応援クリック お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : 日記 音楽 オペラ クラシック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。